« 2005年03月 | メイン | 2005年05月 »

2005年04月30日

[雑感] 冷たい社会

外国人女性と日本人男性の間に生まれた子供の日本国籍を日本政府が認めようとしない。理由は両親が正式に結婚していないからだそうだ。

⑭「手続き」と「形式」の国・ニッポン

外国人の母から生まれた後、日本人の父に認知された7歳の男児が「日本国籍を認めないのは不当」とした訴訟で、東京地裁は4月13日、「国籍法は法律上の夫婦の子(嫡出子)と非嫡出子とに不合理な区別をしており、法の平等を定めた憲法に反する」との判断を示した。同判決をインターネット上で知った私は、日本人の子だから日本国籍は当然、と思った。ところが4月25日、国側が控訴した。控訴の理由は両親が正式に結婚していないからだそうである。子どもの両親は内縁関係にあった。それでも、いくら内縁関係だとしても日本人の父親が「私の子」と認知した以上、子どもは日本人なのである。それを控訴するとは…呆れたものだ。

難民認定についても、日本政府は厳しい審査で望むことが多く、認定せずに送還処置をとることが多い。しかも、引用した記事の主題になっているように、形式を重んじ、個々のケースの事情を鑑みている様子がうかがえない。

確かに日本は法治国家として成り立っているので、法律の適用に恣意的な解釈は許されないのかもしれない。しかし、現実問題を考えた時、権力をもつ者には弾力的な法適用をするくせに弱いものには厳格に法適用しているとしか思えない。

何の人脈を持たない一個人(立場的に弱い人)には著しく冷たい国(政府)だ。政治家や役人に人脈があれば、そこから何とかすることができる不公平な構造もある。

個々の日本人を見る限りにおいては優しい資質を十分に備えているのに、組織としての日本のこの冷たさの源はいったい何なのであろうか。

投稿者 nekobara : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂16回
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂16回

体重 63.4kg 体脂肪率 14%

投稿者 nekobara : 21:18 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月29日

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂16回
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂16回

懸垂16回はコンスタントにできるようになってきた。

体重 63.2kg 体脂肪率 14%

投稿者 nekobara : 21:48 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月28日

[休肝日] NONDRINKING

今週は今日で2休肝日。暖かくなってきたので、火、水はついビールを一缶飲んでしまった。

投稿者 nekobara : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂16回
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂16回

今日も朝から懸垂だ!

体重 63.2kg 体脂肪率 14%

投稿者 nekobara : 07:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月27日

[雑感] 新緑

緑の葉が目に飛び込んでくる季節になりました。生命の息吹が感じられ、一年のうちで一番大好きな季節です。冬の間に貯めたエネルギーを思い切りアウトプットする。自分も長い間冬眠していたので、今年はアウトプット元年として、いろいろ活動するつもりでいる。しかし、話やプレゼンは下手なので自分の得意分野で死に物狂いで頑張るつもりだ。まずは動くものをつくり、実際に使ってみてもらうことに全力を注ぐ。今は頭の中にあるものを設計として描き出し、コードを編み上げ、ひとつのシステムに作り上げていく。途中にコードが思うように書けずに苦しむことが何度もあるだろうが、乗り越えた時の快感を考えると今から楽しみだ。

投稿者 nekobara : 20:14 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂10回
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂16回

昨日は夜に懸垂できなかったので、本日は朝も懸垂をしてみた。

体重 63.4kg 体脂肪率 15%

投稿者 nekobara : 18:12 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月26日

[その他] 太田昌孝氏

先日買った週間東洋経済にあの太田昌孝氏の文章が載っていた。カリスマ技術者からの手紙「拝啓、日枝会長 フジは最強のポータルです」というタイトルだ。太田氏と言えば、私がインターネットを利用するようになった88年当時、既にネット界のカリスマ mohta氏として超有名人だった。当時はまだ、junetと呼ばれていて、fj(ニュースグループ)が今の2chやブログのような役割を持っていた。mohta氏といえば、その当時、その攻撃的で過激な言動(?)で、fjで活躍していた。キャノンの松岡氏などとのバトルというか、どつき漫才のようなやり取りが話題になっていた。もう、すっかりnewsの購読はしていないがいまだにmohta氏は活躍されているのだろうか。

投稿者 nekobara : 23:06 | コメント (1) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット

懸垂20回の目標を設定した翌日にいきなり、夜の運動はお休みしてしまった。いかん・・・

投稿者 nekobara : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月25日

[その他] ソフトバンクの秘策@週間東洋経済

週間東洋経済はたまに買って読んでいるが、今回はこの記事が読みたくて購入した。

ソフトバンクといえば、昔のイメージではパッケージソフトの卸またはコンピュータ関連出版社だったが、今はネット通信総合企業である。だいたい、日本テレコムを買収してしまうのだから、すごいものだと思う。今思い返しても、ヤフーBBがやっぱり革命的だった。ヤフーBBで巨額の赤字を出しても、日本でブロードバンドが普及すれば、Yahooの広告収入が飛躍的に増加するということまで折込済みの戦略だったのだろうか。だとしたら、やっぱり孫正義はすごい。常時接続のブロードバンドがこれだけ普及してくれたおかげで、ネットサービスを個人で構築することが可能な時代になったのだ。日本でのCheap Revolution環境を作った要因のひとつは、ヤフーBBに間違いない。

投稿者 nekobara : 22:41 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂16回

懸垂は第二間接まででぶら下がってやっている。
今日、やっと15回の壁を超え、16回ができた。
とりあえず、6月中に20回を目標にした。


投稿者 nekobara : 22:28 | コメント (0) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

まず、月曜日は休肝日ではじまる。

投稿者 nekobara : 22:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月24日

[] ひとりでできるもん

麦とろ倶楽部

かさいさん、私、やってしまいましたあ。きょうの仕事を来週と勘違いしてしまった。
最初はきょう撮影だったのが、来週に変更になったと、勘違いしてしまったのです。ほんとは逆で、きょうこそが仕事なのでした。朝、仕事の日にちが変わったせいできょうは教習所だけ、うふふ! とのんびり朝ごはんを食べていたら、ピンポーン。仲良しのカメラマンさんでよかったです、<あれ、なあに?どうしたの?>と聞くと、当然ですよね、むこうも<ええ、なにいってんの?> ってことで。

料理家の枝元なほみさんの交換日記のようなブログを発見した。枝元さんはNHK教育でやっている子供が料理を作る「ひとりでできるもん」に出演している。番組は朝やっていて、うちでは子供達が見ている。小学校低学年ぐらいまでの子供がママやおばあちゃんのために料理をつくる番組だ。子供をサポートする役が枝元さんだ。たしか、ヒゲの熊さんと1週間交代で出演している。料理をつくるところなんて子供、特に男の子は興味を持たないだろうと思っていたのだが、結構熱心に見ている。もっとも、うちの子の場合、ママやパパのために作ってあげるとはならないで、「今度、これ食いてぇ・・・」、単なる食いしん坊だ。

投稿者 nekobara : 22:43 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

今日はクライミングコンペ芦安グリーンカップの手伝いで、ビレイヤーをした。後片付けの時にクイックドローを回収するためにミドルクラスのルートを登った。グレードは10cということだったのでとりあえず問題なく登れた。クライミング自体はやる機会がないが、体重が4kgは減少しているし、体が再び筋肉質になってきたためか、切れはよかった。

夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

投稿者 nekobara : 22:20 | コメント (0) | トラックバック

[お酒] シャトー ボーヴァル 赤 2000

20050424.JPG

名称 Chateau Beauval 2000 赤
メーカー
産地 フランス
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ ミディアムボディ
容量 750ml
価格 1659円
備考 サン・スルピス・エ・カメイラック村/73ha/年産赤48,000ケース/18世紀から続くシャトーでアルファン家の所有。ブラックベリーを思わせるふくらみのあるブーケと、タンニンのしっかりした、厚みのある豊か特徴としています。98年ヴィンテージが1999年パリ農産物コンクールで金メダルを受賞しました。

■印象
舌にのった瞬間は軽くてなめらかだが、液体が舌の上を流れると心地よい渋さが広がる。わりと好みの味わい。リピートすると思う。

投稿者 nekobara : 00:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月23日

[思い出] お守り

あれは24歳の時だった。246の用賀あたりだったと思う。信号で停止しているときにふと前の車を見ると初心者マークがついていた。運転席には自分より少し若そうな青年、助手席にはその青年の親父さんらしい人が座っていた。二人がどんな会話をしていたかはもちろん判らなかったが、二人とも笑顔で言葉を交わしていた。親父さんが息子のために用意したのかルームミラーにはお守りが掛かっていた。この光景を目にした時、目の前の親子がとても羨ましかった。自分も北海道にいれば、免許を取ったときに親父に横に乗ってもらい、一緒にドライブに行っただろうかとふと思った。しかし、それはもうかなわないことだった。その年に親父は53歳で他界していた。

80年代にサラ金地獄という言葉が流行したが、自分の家もサラ金地獄にさらされるなんて夢にも思っていなかった。当時、中学生3年生だった。親父は競馬、マージャンとギャンブルが好きだった。小学校に上がる前に、親父に動物を見に連れて行ってやるといわれて、幼くして死んでしまった弟と二人、競馬場に連れて行かれたことがあった。確かに動物はいた。馬しかいなかったけれど。馬が走るところを見ていてもすぐに飽きてしまい、弟二人で舞い散った馬券を集めて遊んだ。親父が雀荘でマージャンをしている横で寝ていた記憶も残っている。そして、自分が中3の時についに破滅した。親父は姿をくらまし、家には「お父さんいるか」という電話がかかってくるようになった。母と私と妹と末の弟の4人は社宅を出て、近くのアパートに引っ越した。

母の頑張りと親戚そして親父の会社の上司のおかげで、一家は最悪の事態にはならず、親父も戻ってきてなんとか普通の生活をおくれるようになった。高校生といえば、ただでさえ、親が鬱陶しい時期である。親父とはほとんど口を聞かなくなった。もちろん、一緒に出かけることもなかった。そして、大学進学のために自分は北海道を離れた。

大学では勉学ではなくて、山登りとバイトに打ち込み、充実した4年間があっという間に過ぎた。卒業式が終わった後、帰省した。親父を社会人の先輩と思ったら、親父の仕事の話を聞きたくなった。酒を飲まない親父は砂糖をたっぷり入れたインスタントコーヒーを飲みながら、喜んでいろいろ話してくれた。自慢話がうれしかった。自分の中に少し残っていたわだかまりが完全に消えた。2年後の夏、親父は倒れた。末期の肺がんだった。

こんな話を思い出したのは、今日、上の息子(6歳)が「パパ、お守りあげる」と言って、自分でメモ用紙に「こうつうあんぜんおまもり」と書いたものをくれたからだ。私は今40歳なので、上の息子が免許を取る頃には53歳ぐらいになっている。息子が運転する車の助手席に座ってドライブに出かけたいものだ。もちろん、ルームミラーには交通安全のお守りをぶら下げて。

20050423.JPG

投稿者 nekobara : 23:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月21日

[休肝日] NONDRINKING

今週、3日目。明日は飲もうかなぁ。

投稿者 nekobara : 18:28 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット

いろいろあって、夜はできませんでした。

投稿者 nekobara : 18:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月20日

[読書] 権利のための闘争

権利のための闘争
イェーリング Rudolf Von Jhering 村上 淳一


おすすめ平均
権利=法について再考させられる不朽の名作
読後感
言うべきこともあまり無いけど…
闘うくらいなら譲っちゃう…,という場合もあるんだけど
権利の主張は義務でもあるという事

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二十代の頃に読んだ本をパラパラと読み返してみたが、見事に覚えていない。自分の権利(基本的人権や財産権)が他人よって侵害されたときは断固として戦うべきだ。それは自分自身のためだけではなく、自分が所属する共同体の権利を守ることになる。そして、他人の権利が抑圧された時にそれを自分事として感じることの出来る人は、理念的権利感覚をもっているとしている。そうそう、この正しい権利感覚を持ち、そしていざという時に実行できるようにならなくてはならないと改めて自分に言い聞かせた。

投稿者 nekobara : 22:49 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

投稿者 nekobara : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

今週、2休肝日目。

投稿者 nekobara : 22:47 | コメント (0) | トラックバック

[その他] 誰のことわざだっけ?

「午前10時までに仕事の半分が終わっていないと、その日のうちに仕事は終わらない」って誰の言葉だったけ?
今まで、スロースターターだったけど、今後は基本的に午前中にほとんど終わらすようにスタートダッシュ型に変えていこう。

投稿者 nekobara : 10:00 | コメント (1) | トラックバック

2005年04月19日

[雑感] 退職の日

5月7日で今の会社を退職することになった。一度転職しているので、二度目の退職だ。しかし、転職先が決まっていた前回と今回ではかなり気持ちが違う。やっぱり、すこし不安だ。でも、なんとかなるだろう。

投稿者 nekobara : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

体重 63.4kg 体脂肪率 14%


投稿者 nekobara : 22:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月18日

[雑感] シンプルコード

プログラマーは職人である。したがって、道具はいいものを選ばなければならない。また、使いこなさなければならない。

しかし、職人以前のプログラマーはまず、道具の選択を誤っている。しかも、能力の低い道具の一部の機能しか使いこなせていない。自分が最初に覚えたやり方に固執して、新しい方法にトライしようとしない。もちろん、使いこなすまでに一時生産性が落ちる。しかし、ステップアップするには必要なコストだと思う。そうでなければ進歩はない。

進歩できないプログラマーは、プログラムをデザインする能力が劣る上に、いざコードの記述段階での記述時間もやたらと長い。エディタのリプレース機能やマクロなども使わずにひたすら、キーを叩いている。そもそも、そんなに同じような処理をだらだらと書き連ねるのがおかしい。クラスや関数にまとめたり、テンプレート機能を利用したり、またはプログラム生成プログラムを書いたりすれば10分の1、100分の1の時間で済むのに、ひたすら力技だ。

自分の書いたプログラムを見直して、もっとシンプルにできないか、常に考え、作り直すことでデザイン能力が高まる。そう、いかにシンプルにするかだ。

投稿者 nekobara : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂14回

体重 63.6kg 体脂肪率 14%

投稿者 nekobara : 21:14 | コメント (0) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

投稿者 nekobara : 21:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月17日

[雑感] ヒノキの花粉

ヒノキの花粉症でここ1週間はほんとう辛い。3月上旬のスギのときも今年はかなりきつかったけど、今のヒノキは鼻詰まり、頭痛、目のかゆみと全てつらい。夜は口呼吸になるので、ついでに喉も痛い。こうなるとまともに思考が働きません・・・・・・

投稿者 nekobara : 23:18 | コメント (4) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

今週は4休肝日。

投稿者 nekobara : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月16日

[雑感] 変革

ビジネスモデルでも、開発スタイルでもいいが、一度成功した方法に固執するあまりにパラダイムシフトに気が付かず、新しいパラダイムで勝負してきた新興勢力に足元をすくわれることはよくあると思う。今は絶大なる力を知らしめているマイクロソフト、デスクトップやサーバの分野では大成功である。ライバル潰しも鮮やかで、ネットスケープの潰し方はお見事というほかないほど、その芽をあっさり摘んでしまった。しかし、グーグルは見逃してしまった。ここ5年であれよあれよという間にグーグルは巨大になり、ネット界の巨人になってしまった。今や、デスクトップ検索にも進出し、マイクロソフトを脅かす存在になってしまった。今になって、マイクロソフトはMSNで検索エンジンを自前のエンジンにして追い上げているが、ブラウザ戦争でネットスケープを片付けたようにグーグルを葬り去ることはできないだろう。ネットスケープのブラウザはマイクロソフトの守備範囲とおなじこちら側(クライアント)であったので、マクロソフトは脅威を敏感に感じて、迅速に手を打てた。しかし、グーグルはインターネットのあちら側(サービス)だったので、最近まで脅威とは感じなかったのであろう。これからの時代はソフトウェアを製品として購入することは減り、サービスとして利用することが一般的になる。ここ5年で、その基盤・インフラは整ったと思う。マイクロソフト衰退の環境は揃っていると思う。ハード・システムの売上が低迷し、苦境に陥った90年代に、サービスへのシフトを劇的に行い復活したIBMのようにマイクロソフトは一度沈んだあとに再び復活することができるだろうか。できたとしたら、その時はビル・ゲイツはマイクロソフトにはいないにちがいない。

投稿者 nekobara : 22:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月14日

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット

投稿者 nekobara : 20:18 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月13日

[雑感] プログラマーの生産性

プログラマーの生産性の個人差は、感覚的、経験的にではあるが10倍ぐらいの差は平気である。ある機能のプログラムが開発されるまでの工数のほかに、コードの可読性、拡張性、保守性まで考慮するとプログラマーの能力の差は10倍ですまないだろう。さらに作成したプログラムがバッチ処理系の場合は実行速度が運用において重要になる。例えば、ヘボな奴が10日かけて作成したプログラムを実行すると4時間かかり、優秀な人が1日で作成したプログラムが同じ結果をだすのに1時間で済んでしまうということはよくあることだ。しかし、プログラマーの地位が低い日本では前者のようななんちゃって技術者が量産され、単価を押さえるために投入されている。だいたい、プログラマーというとスキルが低い人、SEというとスキルが高い人というイメージするある。だから、優秀なプログラマーは、収入をあげるために管理者、プロジェクトマネージャー、コンサルタントなどにステップアップする道を選んでいる。これでは何時までたっても、開発現場が強くならない。人海戦術で乗り切り、質の低いコードが量産されている。そもそも、日本ではプログラム作成を工業製品の製造と同じように捉える人が多い。かつて、日立が戸塚の拠点をソフトウェア工場と呼んでいたのがその現れだ。しかし、プログラマーは工場のラインスタッフとは明らかにちがう。工房の職人もしくはアトリエの画家として対応しなくてはならないと思う。職人、芸術家集団のようなソフトウェア会社というのがあってもよいと思っている。

投稿者 nekobara : 22:53 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

体重 63.0kg 体脂肪率 16%

投稿者 nekobara : 22:51 | コメント (0) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

今週、3日目の休肝日。金曜日に会社の人と飲み会があるので、酵素活性化のために明日も飲むことにした。

投稿者 nekobara : 22:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月12日

[雑感] 次男

日曜日に次男が補助輪なしで自転車に乗れるようになった。まだ、三歳なので早いほうだと思う。長男が補助輪なしで乗れるようになった去年の暮れで、六歳のとき、そして、長男が補助輪なしで乗れるようになったのを見たら、次男も補助輪を外すと言い出した。そのときは結局、まだ難しく、補助輪は元に戻した。しかし、先週また外したいと言い出したので、外しておいた。すると、毎日熱心に練習していたようで、ついに日曜日に乗れてしまった。長男と次男を日頃からみていると、長男は手本がないので新しいことに挑戦するまでに自分の壁を克服する必要があり、トライするまでに結構すったもんだしている。反対に次男のほうは長男ができるものは自分も必ずできると思っていて、長男ができたときから、熱心にトライし始める。で、必ずできると思っているから、あきらめないでコツコツと努力して最終的は出来るようになっている。こうやって、成功体験を積み重ねているのでどんどんいろいろできるようになっている。コマだって、長男ができるようになったら、三ヶ月もしないうちに自分で巻いて回せるようになった。そういう点では下の子の方がいろいろと有利だなと思う。ちなみに私は長男だから、何事も飲み込みが遅いのかと妙に納得。

投稿者 nekobara : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂14回

投稿者 nekobara : 23:06 | コメント (0) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

今週、2日目の休肝日

投稿者 nekobara : 23:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月11日

[雑感] 中国の反日デモ

竹島問題で韓国で大騒ぎになったとおもったら、今度は中国でも反日が吹き荒れている。しかし、今回の場合は、韓国の竹島問題とは違って、なぜ中国も?というのが日本での一般的な受け止め方だろう。確かに中国との間にも竹島と同じように尖閣列島領有における領土問題があるし、今回の騒ぎのなかでもたびたび言及されてはいる。しかし、竹島のように日本国内で特に目立ったアクションをしていない。歴史教科書についても、今回はそんなに反日デモが勃発するようなほどのインパクトがあるとは思えない。もちろん、歴史認識の問題や前回から引き続き話題の教科書の件もあるが前回の初登場のときから比べたら注目度は国内では低かった。やはり、大方の分析どうりに一番の発端は、国連の常任理事国入りに反応したということだろう。このあたりの感覚を私も含めて日本人が理解するのはかなり難しいと思う。もちろん、小泉首相の靖国参拝などの問題で日中間の関係は最悪に冷え切っていたとはいえ、日本の常任理事国入り活動にそうまで反応するのか。国連に対する認識の仕方が日本と中国ではかなり異なるということだろうか。いずれにしても、批判されると反射的に反発したくなるが、ここで反中、嫌中感情を増加させてはさらに悪循環に陥ってしまうので、なんとか建設的に考えてこの状況を打開していく方向性を見つけたいものだ。長い目で両国の関係を考えれば、一般市民レベルでの交流をもっと進めて相互に友達、知り合いを増やしていくしかないだろう。両国間の個人レベルでの結びつきを強めていくことがお互いの国益にかなうことになるのだから。それにしても、今回の件は、中国共産党の一党支配、政治体制を維持していくのが今後ますます困難になるということを示唆しているのではないだろうか。

投稿者 nekobara : 23:12 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

体重 63.2kg 体脂肪率 15%

投稿者 nekobara : 22:27 | コメント (0) | トラックバック

[休肝日] NONDRINKING

今週、1日目の休肝日。先週はいろいろあって、結局、休肝日は2日だけだった。

投稿者 nekobara : 22:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月10日

[その他] 友達の輪

同じ山岳会(私は既に幽霊会員)のIさんより、メールが来ました。今日、エルクのツアーで愛鷹山に行った時にお客さんの中にその昔、私にパラパントを教えてくれた友人のKさんがいたという。話をしているうちに共通の知り合いに私がいることがわかったそうな。なぜか、この手の話はとてもうれしい。ここ3,4年はいろいろ仕事が忙しくて、両人をはじめとする趣味関係の人脈と疎遠になっていました。しかし、再び縁がつながってきた。切れそうで切れない細くて長い縁が自分にあっている。

投稿者 nekobara : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月09日

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

投稿者 nekobara : 22:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月08日

[お酒] 黒糖焼酎 喜界島

20050408.JPG

名称 黒糖焼酎 喜界島 -クレオパトラアイランド-
メーカー 喜界島酒造株式会社
  鹿児島県大島郡喜界町赤連2966-12 TEL0997-65-0251
アルコール分 28度
原材料 黒糖・米こうじ
容量 720ml
価格 1667円
備考 黒糖焼酎「喜界島」は、ソフトタイプのお酒ですから、お召し上がり方はいろいろと楽しめます。黒糖酒は別名不老長寿の酒とも言われ、徳之島に住んでおられた長寿の故泉重千代さんの愛飲酒としても有名です。ストレートはもとより、オンザロックやカクテルなどに、熟成酒ならではの芳醇な香りと口あたりを心ゆくまでお楽しみください。

■印象
ロックでいただきましたが、まろやかです。芋焼酎と違って、香りもかすかにしかないので飲みやすい。

■余談
奄美大島本島には子供が出来る前に妻と二人で観光旅行にいったことがあります。いつも、岩場ばかりに行っていたので、たまにはクライミング以外の普通の旅行に行こうと言う事で選んだのが奄美大島でした。シーカヤックを体験したり、ハブとマングースのショウをみたり、水中観光船を乗ったりしました。一番、印象的だったのは瀬戸内町の海の美しさでした。水中観光船で見た海底の美しさに感動したのをいまでも覚えています。私たちはクライマーでしたが、ダイバーがなぜのめりこむのかが判ったような気がしました。

投稿者 nekobara : 22:32 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

投稿者 nekobara : 21:43 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月07日

[雑感] スモモが満開

20050407.JPG

今朝はスモモの花が満開でした。桃のピンクも目立ちはじめました。桜の花びらもほぼ満開ですので、今週、来週は華やか風景を楽しめるでしょう。

投稿者 nekobara : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂15回

投稿者 nekobara : 22:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月06日

[雑感] 入学式

今日は長男の小学校入学式でした。午前休暇をいただいて、出席してきました。長男の晴れ舞台を見ることができて、たいへん幸せでした。入学式のために休めたことに会社や同僚に感謝です。去年だったら、確実に出席できていませんでしたし、妻への負担も相当大きかったでしょう。

さて、今日は長男の入学式の他に自分にとっての大きな節目の日になりました。ついに直属の上司である部長に退職の意思を告げました。サイは投げられた。Cheap Revolutionへ、まず一歩踏み出しました。

投稿者 nekobara : 22:40 | コメント (2) | トラックバック

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット
夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂12回

投稿者 nekobara : 22:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月05日

[雑感] これからの10年

My Life Between Silicon Valley and Japan - 次の10年はどういう時代か?

1995年と今を比べた圧倒的な違いは何か。次の3点に集約されるのではないかと僕はいま考えている。

  • Cheap revolution (ムーアの法則10年の重み)
  • インターネット
  • オープンソース

    当たり前のように思われるかもしれないが、奇をてらった新規性では10年がかりの大きな流れを作る要因にはならない。95年のパラダイムは「Windows95とナローバンドつなぎっぱなしのインターネット」という新環境で何ができるかという勝負で、1995年にはヤフー、アマゾン、eBayらが創業された。
    それから10年でいちばん変わった第一のポイントは、「ITのコスト構造」の問題である。「3年で4倍」のムーアの法則があらゆる領域で10年続くことの凄さということがなければIT産業がどれほど退屈なものになっているだろうといつも思う。特にこの10年のストレージ分野での価格低下はものすごかったし、その傾向がこれからさらに続いていく。ムーアの法則の恐ろしいところは、10年か15年くらい価格性能比向上が着々と連続的に進んだところで、コンピューティング・アーキテクチャ全体に不連続で破壊的な変化をもたらすところである。そういうことがこれから起こる。

  • またまた、梅田望夫さんのブログからの引用である。そう、破壊的なイノベーションによるパラダイムシフトが再び起きようとしている。どうせ一度の人生、この波にのって自分に挑戦だ。まず、明日一歩目を踏み出す。

    投稿者 nekobara : 22:52 | コメント (0) | トラックバック

    [運動] 本日の体操

    朝:腰痛予防体操 2セット
    夜:腰痛予防体操 2セット、ストレッチ、懸垂14回

    体重 63.8kg 体脂肪率 14%

    投稿者 nekobara : 22:37 | コメント (0) | トラックバック

    [休肝日] NONDRINKING

    今週、2休肝日

    今日の新聞に飲まない日が続くとアルコール分解酵素の働きが弱まるので久しぶりに飲む時は注意が必要と書いてあった。もともと弱いほうだが、確かに毎日飲んでいた頃より、さらに飲めなくなっている。二日酔いになりやすくなっていると思う。新聞には下手に休肝日を設けるよりは適量を守って毎日飲んだほうがよいとも書いてあった。:-( ちなみに適量は日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本までだそうだ。

    投稿者 nekobara : 22:33 | コメント (0) | トラックバック

    2005年04月04日

    [雑感] スモモの花

    20050403.JPG

    4月、桜も花びらが開いてきましたが、スモモの白い花は七分咲きです。去年の今ごろは連日帰宅が夜中の3時、4時だったので、昼間に花を見ることができなかった。今年は平穏な日々を迎えられて本当にありがたい。去年の今ごろは妻に本当に支えてもらったと思う、改めて感謝です。

    投稿者 nekobara : 23:05 | コメント (0) | トラックバック

    [休肝日] NONDRINKING

    金曜日あたりから体調がかなり下降線を辿っている気がしていたが、日曜日の朝、目を覚ました時にはこれはちょっと危ないかなと感じた。しかし、区のグランドゴルフ大会への参加とその後の組の懇親会は日頃顔を合わせない地域との交流があるし、組の懇親会はご近所さんと親交を深める絶好の機会なので外せない。ということで、二つの行事に積極的に参加した。どちらも参加してみると楽しいものです。が、しかし、やっぱり体は絶不調、お酒をある程度セーブしていたにも関わらず、夕方にはダウンして、案の定、嘔吐した。しかし、今回は早めに薬を飲んで呼吸を整え、睡眠をしっかり取ったおかげで、去年の11月のようにならずになんとか回避できた。少し、自分の体調管理が出来たような気がする。

    投稿者 nekobara : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

    2005年04月02日

    [読書] アメリカインディアンの教え

    加藤諦三さんの本は大学の先輩からもらって読んだことがある。しかし、タイトルも内容もすっかり忘れてしまった。たしか、出版社は三笠書房だったような・・・ ちなみに加藤諦三さんはその先輩の叔父さんだった。

    『アメリカインディアンの教え』は、新聞広告にでかでかと載っていたのを覚えていたがその時はタイトルの付け方がいやらしいと思ったぐらいだった。若いときはこういった本を読みましたが、最近は手にとることも無くなっていたのですが、たまたま妻が図書館から借りて読んでいたので、私も読んでみた。11のアメリカインディアンの教えという詩を受けて、加藤諦三さんが子育てのことや親子の関係について語っている本でした。で、実際、この詩の由来は判っておらず、作者とされるドロシー・ロー・ノルトという人物の消息もつかめていないという。もっとも、11の詩自体はとても良い詩だと思うし、詩の内容をより理解するには加藤さんの文章も手助けになると思います。あと著者自身が父親から受けた仕打ちによるトラウマの告白本という面もあります。ちなみに出版社は今話題のニッポン放送子会社の扶桑社です。もっとも、この本をつくるきっかけはニッポン放送の「玉置宏の笑顔でこんにちは」ですから、扶桑社というのは至極当たり前ですが。

    「子供たちはこうして生き方を学びます」

    批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします
    敵意に満ちた中で育った子は誰とでも戦います
    冷やかしを受けて育った子ははにかみ屋になります
    ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります
    心が寛大な人の中で育った子は我慢強くなります
    はげましを受けて育った子は自信を持ちます
    褒められる中で育った子はいつも感謝することを知ります
    公正正大な中で育った子は正義心を持ちます
    思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます
    人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします
    仲間の愛の中で育った子は世界に愛を見つけます

    作・ドロシー・ロー・ノルト
    訳・吉永 宏

    Children Learn What They Live

    If a child lives with criticism, He learns to condemn.
    If a child lives with hostility, He learns to fight.
    If a child lives with rdicule, He learns to be shy.
    If a child lives with shame, He learns to feel quilty.
    If a child lives with tolerance, He learns to be patient.
    If a child lives with encouragement, He learns confidence.
    If a child lives with praise, He learns to appreciate.
    If a child lives with fairness, He learns justice.
    If a child lives with security, He learns to have faith.
    If a child lives with approval, He learns to like himself.
    If a child lives with acceptance and friendship, He learns to find love in the world.

    アメリカインディアンの教え
    加藤 諦三

    ニッポン放送プロジェクト 2000-09
    売り上げランキング : 22,193

    おすすめ平均
    こんな親になりたい
    親+教員にも今は必要かもしれませんね。もちろんそれ以外の方にも。
    子を持つ親に読んで欲しい本

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    投稿者 nekobara : 18:58 | コメント (0) | トラックバック

    [雑感] Cheap Revolution

    My Life Between Silicon Valley and Japan - 3/10/2000から既に5年が・・・


    Forbesのカールガードがしきりに言う「Cheap Revolution」が進行中であるために、VCから資金調達などしなくても、ネット・サービスのかなりのところまでを、一人または数人のチームでどんどん作っていくことができるようになった。99年から2000年にかけてのバブル・ピーク時から最も大きく変化したのがこの点だろう。VCから資金調達せず(自己資金とせいぜいエンジェルからの少額の投資で)、いきなり大手に買収されるだけのエンティティを作ることができる時代になったのである。オープンソースの進展も、この変化を支える大きな要因である。
    2000年3月10日からさらに5年前(つまり今から10年前)といえば、インターネット・ブームが始まった時期であるが、その頃しきりに言われていたのは、「インターネットの世界は超巨大な存在と個に限りなく近い極小の存在とに二極分化していくはず」ということだった。

    今後ますます続いていく「Cheap Revulution」は、「個に限りなく近い極小の存在」にとっての朗報である。

    最近はやりのロングテール論でいえば、VC投資額等で捕捉できるイノベーションは、イノベーション・ロングテール・カーブのほんの左端だけである。「個に限りなく近い極小の存在」による厖大なイノベーション量がどうなっているのかは、実は誰にも捉え切れていないのだ。

    今自分が水面下で進めている案件が、まさに梅田望夫さんのブログで述べられている「Cheap Revolution」と「個に限りなく近い極小の存在」。ぴったりの言葉が見つかった。言葉がついに当てはめられた言うことは、既に多くの人が気づき、そして認知し始めたということ、うかうかしてられません。

    投稿者 nekobara : 14:01 | コメント (0) | トラックバック

    [休肝日] NONDRINKING

    明日は組の懇親会があるので昼からビールです。(^^)
    よって、今週は3休肝日という結果。今週も目標クリア!

    投稿者 nekobara : 13:44 | コメント (0) | トラックバック

    [運動] 本日の体操

    朝:腰痛予防体操 2セット

    年度末の切替処理があり、帰宅が深夜になった関係で体操する余裕がありませんでした。
    新年度が始まりましたので今日からまた体を動かして適度に刺激を与えたいと思います。

    投稿者 nekobara : 13:41 | コメント (0) | トラックバック