« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月31日

[読書] トヨタの闇

トヨタの闇
トヨタの闇渡邉 正裕/林 克明

おすすめ平均
stars正しい認識を持つこと
starsトヨタ崇拝者の生産現場におすすめ
stars読んでみてどう考えるか
stars一番重要なことは・・・
starsすこし物足りないかな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トヨタは今、絶頂期だと思う。「トヨタ式」に関する知識をある程度仕込んでおこうと思って、書籍を漁っていたら、この本も引っかかってきたので読んでみた。陽あれば、陰あり。どんなに評価されている人物、組織も観点や立場が違えば、負の部分が存在することは避けられないだろう。

いわゆる「トヨタ式」は効率化、無駄の排除という点においてはすばらしい効果・結果をもたらす手法であり、主義である。しかし、実践となるとかなり厳しい。私のようなヘタレには辛いものがあるかもしれない。しかし、それにあえて挑戦してみるのも悪くないとも思える。

さて、この本の主題となるトヨタだが、利益日本一、世界一の自動車メーカーとなれば、国内外で使われる広告宣伝費が尋常じゃない額となり、マスコミ業界への影響力が自ずと高まっている事は間違いの無い事実であろう。まさにガリバーである。そんなトヨタに関する不都合な真実がスキャンダルのようにマスコミの集中砲火のターゲットとなることは、この本が主張するようになかなかないことはうなずける。

とはいっても、タイトルの「トヨタの闇」の「闇」はセンセーショナルな効果を狙ったつけかただと思う。本書は、品質重視をうたうトヨタのリコール台数が「2001年〜2005年の5年間で529万台と飛びぬけている。」(p151)であり、実はダントツのリコール王だと主張するが、シャアトップのトヨタなのでリコール台数がトップになるのはそれほど酷い事ではないのではないかと思う。実際に本書のp159に記載されている「2004〜2006年のリコールランキング」の表では、トヨタのリコール比率は99.9%、ホンダが148.8%、日産が51.1%、マツダが163.9%、三菱が583.4%となっているので、ひとつの指標だけでリコール王と断罪するのは疑問が残る。

リコールの件については疑問が残るものの、厳しい企業風土のために過労死や自殺が発生しているという指摘に嘘はないだろう。特に過労死した内野健一さん(当時30)の件は最近裁判の結果が報道されたり、それに関する論評が新聞に掲載されたりしているだけに非常に胸の痛む内容である。そのイズムゆえに、時と場合によっては一個人を過酷な状況に追い込んでしまう事もあるのだろう。

内容的にはすこし疑問に思う点もないわけではないが、本書は絶頂トヨタの多面体のある側面を知るきっかけの本としては価値があるとおもう。というのも、世間一般的にはトヨタマンセーな本や情報のほうが、圧倒的に多いからである。

投稿者 nekobara : 17:53 | コメント (0)

[読書] トヨタ式「視える化」読本

あなたの仕事が変わる トヨタ式「視える化」読本 (別冊宝島)
あなたの仕事が変わる トヨタ式「視える化」読本 (別冊宝島)若松 義人

おすすめ平均
stars視覚的に理解しやすい
starsすばらしい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トヨタは世界一の自動車メーカーになってしまった。日本でサラリーマンをしているとカンバン、カイゼン、なぜなぜを5回、5S、視える化、多能工化などのいわゆる「トヨタ式」になんらかのかかわりを持つことになるではないだろうか。すくなくとも、それらの言葉は聞いたことがあるはずだ。

私の場合、IT部門畑なので、直接「トヨタ式」のコンサルタントに指導される事はなかったが、生産部門には「トヨタ式」のコンサルが入っていたので、どんなことをしているのかは間接的にではあるが知っていたし、情報システムにも適用できる汎用的な考えだとも思っている。まねごとレベルだが、情報システム部門で管理している消耗品、帳票の在庫管理を生産部門に導入された方法と同じようにしてみたこともある。

その当時から、比べるとますます「トヨタ式」の価値が高まっていて、あらゆる企業でとり入れようとする気運が高まっているように思う。この本は2年前に発行されたものだが、私の手元のもので第三刷なのでコンスタントには需要があるということだろうか。読本というくらいなので、100ページに満たない薄さで図解もふんだんに使われていて、とても理解し易いつくりになっている。「トヨタ式」の概要や基本的な考え方を知るには、ちょうどよい一冊だ。

投稿者 nekobara : 17:27 | コメント (2)

2007年12月28日

[予定] 12月28日

■午前
・KB関連
・H社
・歯医者

■午後
・KB社
・YPU計画修正

投稿者 nekobara : 09:01 | コメント (0)

2007年12月27日

[予定] 12月27日

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 09:00 | コメント (0)

2007年12月26日

[運動] 本日の体操

昼:腰痛予防体操 2セット、懸垂 28回

投稿者 nekobara : 12:34 | コメント (2)

[予定] 12月26日

■午前
・KBシステム

■午後
・KBシステム

投稿者 nekobara : 10:27 | コメント (0)

2007年12月25日

[予定] 12月25日

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 10:26 | コメント (0)

2007年12月24日

[読書] お金は銀行に預けるな

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)勝間 和代

おすすめ平均
stars投資に向いていない人は恥ではない。そういう人は銀行が一番
stars鵜呑みは危険!
stars日本人はお金の科学に無頓着
starsお金という物を改めて考えました
stars過激なタイトルには注意

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の勝間さんといえば、ムギ畑の管理人という認識しかなかったんですが、金融・会計の専門家だったんですね。他にも数冊がすでにかなり売れているようですし、今旬な人なのかと思います。

高度成長期は堅実に銀行、郵便局に定期預金して、老後は退職金と年金をあわせれば、それなりの暮らしができたけれど、現在はもうそういう時代ではないと主張する。

金融リテラシーをつけて、リスクをある程度とって、金融商品に投資して資産を増やす努力をしておかなければならないと言う。

で、そのための基礎的な知識を分かり易く解くと同時に、金融リテラシーを身につける実践方法を伝授し、投資の基本セオリーを読者に対して何度も噛んで含めるように語っている。

基本中の基本セオリーは分散投資。まったくの初心者は、まず、国内債券、国内株式、国外債券、国外株式の4つに分散投資すべしという。しかも、日経平均などに連動したインデックス型で始めるのが良いそうだ。そして、投資に慣れてきたら、徐々に幅を広げて行き、金融リテラシーを養うのがよいと、道筋をしめしている。

私のようにまだ投資の経験がなく、金融に関しては素人の人にはかなり良い本だ。この本をとっかかりにして、いろいろ勉強すべき領域に見当をつけることができると思う。

投稿者 nekobara : 21:48 | コメント (2)

2007年12月23日

[読書] ちょいデキ!

ちょいデキ! (文春新書 591)
ちょいデキ! (文春新書 591)青野 慶久

おすすめ平均
stars今日からできる「三分間ライフハッキング」
stars楽しくビジネスをこなすためのちょっとしたコツ
stars癒し系!
starsとっても共感できました!
stars「正しいこと」より「効果的なこと」が書かれていた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういうノウハウ本(最近はライフハックというらしい)は、読んでも実践しなければ意味がないのだが、なかなか実践できないのが、凡人の現実だ。だから、もうあまり読まないようにしていた。(^^)

が、この「ちょいデキ!」というタイトルがまず秀逸である。そして、著者はサイボウズの社長である。「ワタミの渡辺社長の手帳術は、すごすぎて『北斗の拳』のようで身につけたいけど、手の届かない技でした。しかし、社長業をこなして行く中で、簡単な技を駆使している自分に気がつきました。それは『北斗神拳』と対照的な、誰でもいつでも簡単に取り組める『太極拳』というたとえがぴったりなものです。」というようなことが「はじめに」に書いてある。

買いである。いや、買ってしまった。

Q.おおきな目標をたてていませんか?
Q.つくり笑顔ができますか?
Q.メールで顔文字を使っていますか?
Q.悪口に対応してませんか?
Q.本を全部読んでいませんか?
Q.風邪をひくのが当たり前と思っていませんか?
Q.残業しないコツ、知ってますか?
「ちょいデキ」を積み重ねて「スーパーデキ」へ!

そうなんだよ、小さな事をコツコツを達成しなくては
大きな事を成し遂げることはできない。二宮金次郎も
イチローも同じことを言っている。

それなりの規模の会社を経営しているだけあって、
若いのにしっかりしているなぁ、青野社長。
やっぱり単なるちょいデキじゃないよ。

さて、自分だが、この本を読んだのは随分前だが
ひとつも実践できてないですが、何か! orz

投稿者 nekobara : 21:56 | コメント (0)

[その他] MyMiniCity

むかし、SimCityやSimAntというゲームがあったなぁ〜

http://nekobara.myminicity.com/

投稿者 nekobara : 21:50 | コメント (2)

2007年12月22日

[読書] Webディレクション 成功の法則48

Webディレクション 成功の法則48
Webディレクション 成功の法則48大谷 秀映 松原 慶太 高山 一登

おすすめ平均
starsプロジェクト・マネジメント本のWebディレクション版
stars押さえておきたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

怒濤の読書感想文(?)、3連発! 

(読んだ本をすべて書けていないけど、これからなるべく備忘録してブログに書いておく事にした)

関係している会社等で、ウェブ制作に関わる事が多くなってきたので、ウェブ制作のプロジェクト管理の業界セオリーを知りたくなって読んだ。

で、当たり前と言えば当たり前なんですが、システムのプロジェクト管理と基本は同じ。そりゃそーだよね、プロジェクト管理なんだから・・・

この本ですが、良くまとまっていますし、システム業界の本よりも、構成、ビジュアルがよくて、読み易い、理解し易いです。さすがです。

執筆者のプロフィールが写真付きで載っているのですが、やっぱ、ビジュアルがIT業界とは違う、アーティストっぽい(^^)

投稿者 nekobara : 22:53 | コメント (0)

[読書] 中小企業の会社法・内部統制・会計の実務

早わかり中小企業の会社法・内部統制・会計の実務―新会社法対応版 (すぐに使える中経実務Books)
早わかり中小企業の会社法・内部統制・会計の実務―新会社法対応版 (すぐに使える中経実務Books)中央青山事業開発本部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
上場企業はJ-SOX法対応が大変のようだが、昨今の偽装騒動をみていると、中小企業においても、内部統制を充実させていくことがこれから求められるのではないかと思って、勉強のために読んだ。

一度読んだだけでは当然覚えきれるものではないが、割と分かり易く書かれていると思う。

それにしても、会社って、ちゃんとしようと思うと、気が遠くなるくらいにいろんなことをしなくてはならないのですね。総務、経理などの部署って大変だなぁ、ということで、彼らに感謝です。

投稿者 nekobara : 22:33 | コメント (0)

[読書] ウェブ時代をゆく

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)梅田 望夫

おすすめ平均
stars一次情報
stars社内のWEB担当が一歩先に。共通言語とモチベーションアップに。
starsウェブ時代とは
stars梅田氏は小泉元首相を凌ぐ「フレーズ」メーカー
stars「好きを貫く」を考える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウェブ進化論で、グーグルを代表とするネット社会を「あちら側」、既存の社会を「こちら側」として、ネットを中心として展開している変化をあざやかに描いた著者の続編とも言うべき著作。

前作では、ウェブ社会の現状とこれからの大変化を分かり易い言葉と喩えで明らかにしたが、今回の「ウェブ時代をゆく」では、そのような大変化のなかで個人がどのように対処して、サバイバルしていくべきなかを提示している。

前著のキーワードは「あちら側とこちら側」であったが、本著のキーワードは「高速道路とけものみち」である。

梅田氏との対談で、インターネットは「高速道路」と言ったのは将棋の羽生善治二冠だ。ネット等の普及により、将棋を学ぶ環境が一昔前とは様変わりして、高速道路を突っ走るように若い人が急激に腕を上げているそうだ。しかし、高速道路の先ではやはり渋滞が発生しているらしい。プロ並みの実力を短期間で習得する環境は劇的に整備されたが、やはりプロになるのは依然として狭き門である事はかわりない。しかし、高速道路に乗る権利と機会は以前と比べれば多くの人に開かれている。

では、今の若いひとは、好きな事で食べて行くためにこの「高速道路」に乗るべきなのか、否か。梅田氏は、高速道路を降りることになったとしても、「けものみち」でサバイバルしていく方法が今はあると言う。そして、「けものみち」でのサバイバル方法についても、自分の経験を軸にして述べている。

梅田氏が想定読者としている20、30代ではないし、「高速道路」ではなくて、「一般道」から「けものみち」に入り込んでしまったパターンだが、「けものみち」でサバイバルしている者にとって、非常に勇気とモチベーションを与えてくれる。梅田氏のおかげで、改めて「ウェブ時代をゆく」ことが自分のすすむべき道ということを確認できた。感謝です。

投稿者 nekobara : 21:10 | コメント (0)

2007年12月21日

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 25回

投稿者 nekobara : 10:46 | コメント (0)

[予定] 12月21日

■午前
・KB関連

■午後
・KB関連
・GoogleApp

投稿者 nekobara : 10:44 | コメント (0)

2007年12月20日

[予定] 12月20日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 08:53 | コメント (0)

2007年12月19日

[読書] ブルー・オーシャン戦略

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)W・チャン・キム レネ・モボルニュ 有賀 裕子

おすすめ平均
stars言葉の定義がご都合主義
starsワインの革命
starsまさにこれからの企業に求められる戦略
stars言うは易し、だけど現実は・・・
starsネーミングの妙にもう一票

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マーケッティング関係の勉強をしようと思っていろいろ調べていると、引っかかってくる本のひとつにこの本がある。レッドオーシャンは血みどろの戦いを繰り広げている市場で、まさに血の海である。対して、ブルーオーシャンは、さしたる競争相手がいない市場で先行者利益を享受できる市場だ。

ということで、新市場を開拓した企業の事例として、フォード(T型フォード)、CNN、NTTドコモ(i-mode)、ニューヨーク市警、シルク・ド・ソレイユなどの事例をひもといて、画期的な商品開発、サービスイノベーションがいかにブルーオーシャンとして、先行者利益をもたらし、企業を発展させるかを解く。

フォードは、オーダーメイドが常識だった自動車をレディメイドとしてのT型フォードを市場に提供し、CNNはニュース専門チャネルのTV局として業界の常識を破り、子供相手のサーカスのターゲットを大人として全体の演出を大胆に変更して成功したシルク・ド・ソレイユなどの事例は非常に参考になるだろう。

画期的な商品やサービスを開発するための原則として、アクションマトリックス、価値曲線を提唱する。アクションマトリックスとは、既存のサービス・商品と比べて、新商品・新サービスに「取り除く、減らす、増やす、付け加える」の4つの点があることを検証することだ。いままでと違う商品やサーピスは必ず既存のものと比べて、取り除かれたもの、減らされたもの、増やされたもの、付け加えられたものがあると主張する。

価値曲線は、例えば価格、テーマ性、環境、オプション、芸術性などの商品・サービス特有の価値項目別に競合商品との比較を行い、その商品・サービスの特徴を明らかにする。

このように、新商品、サービス開発のための指標を明確に提示していることがこの本の真骨頂だと思う。後半少しだれるところがあるので、前半だけ読むだけでも十分に価値がある一冊であった。

投稿者 nekobara : 23:38 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 25回

11月になってから、忙しい日々が続いたため
ジムにもいかず、体操もさぼっていたため、
また、腰痛が出始めてしまった。orz

投稿者 nekobara : 11:00 | コメント (2)

[予定] 12月19日の行動

■午前
・携帯関連

■午後
・GoogleApp関連

投稿者 nekobara : 10:59 | コメント (0)

2007年12月18日

[予定] 12月18日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 10:59 | コメント (0)

2007年12月17日

[予定] 12月17日の行動

■午前
・KB関連

■午後
・KB打ち合せ
・chobi2改良

投稿者 nekobara : 08:59 | コメント (0)

2007年12月15日

[休肝日] NONDRINKING

昨日に続いて、2日目。
だが、あくまでも外的要因のためで、
休肝日の習慣が戻ったわけではない・・・ orz

実は早めのクリスマスパーティがあったので
飲めなかったのは痛かったが、しらふでも
十分に一緒に楽しめた。飲むとすぐに寝てしまうので
かえって飲まないほうがたのしめるのかも(^^)

投稿者 nekobara : 22:55 | コメント (2)

2007年12月14日

[休肝日] NONDRINKING

すっかり堕落してしまい、だめだめな日々を送るこのごろ。
今月初。だが、自発的ではなく、外的要因のため・・・・

投稿者 nekobara : 22:53 | コメント (0)

[予定] 12月14日の行動

■午前
・YPU関連
・KBシステムマニュアル作成

■午後
・KBシステムマニュアル作成

投稿者 nekobara : 09:40 | コメント (0)

2007年12月13日

[予定] 12月13日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 09:43 | コメント (0)

2007年12月12日

[予定] 12月12日の行動

■午前
・YPUバックアップ
・KBシステム機能追加

■午後
・KBマニュアル
・GoogleApp調査

投稿者 nekobara : 09:52 | コメント (0)

2007年12月11日

[予定] 12月11日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 09:51 | コメント (0)

2007年12月10日

[予定] 12月10日の行動

■午前
・KBシステム機能追加

■午後
・KBデータ関連
・SSL対応PostgreSQLのテスト
・YPUバックアップ
・GoogleApp調査

投稿者 nekobara : 09:23 | コメント (2)

2007年12月07日

[予定] 12月7日の行動

■午前
・YPUシステムテスト
・YPU追加リリース作業

■午後
・KBシステム機能追加
・GoogleApp調査

投稿者 nekobara : 09:21 | コメント (0)

2007年12月06日

[予定] 12月6日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 15:47 | コメント (0)

2007年12月05日

[予定] 12月5日の行動

■午前
・YPUシステムテスト

■午後
・YPUシステムテスト
・YPUリリース作業

投稿者 nekobara : 12:58 | コメント (0)

2007年12月04日

[予定] 12月4日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 12:59 | コメント (0)

2007年12月03日

[予定] 12月3日の行動

■午前
・予防接種
・YPUシステム

■午後
・YPUシステム
・GoogleApp調査

投稿者 nekobara : 09:05 | コメント (0)