« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月30日

[読書] 「中国が目論む世界支配」の正体

「中国が目論む世界支配」の正体
「中国が目論む世界支配」の正体ベンジャミン・フルフォード

おすすめ平均
stars中国が目指す大東亜共栄圏構築を正しく導くことが日本の歴史的課題
starsなかなか
stars世界経済の将来が分かる!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この手の本は嫌いじゃない。歴史を鑑みれば、アメリカがいつまでも世界の盟主であり続けるはずはないし、次の超大国の候補として、中国がくるのに異存のある人はすくなかろう。

アメリカと中国の暗闘は続いており、最近は中国が優勢なのだそうだ。また、欧米の陰にいる”闇の権力”は自分たちの築き上げた世界を守るために謀略を巡らせているが、最近はどうやら中国に出し抜かれる事も多い。でも、四川の地震やチベット騒乱は彼らが報復のために仕掛けたらしい。地震発生兵器とやらも存在し、四川地震はその兵器が使われたのだそうだ。

また、エイズやサーズは地球の人口爆発を防ぐための生物兵器で、アフリカやアジアの人々を殺すために開発された。サーズは、中国政府の迅速な対応で見事に封じ込められたが、彼らはアジア人だけに感染する生物兵器の開発も行っているというから、驚きだ。

著者は別の本で、9.11は闇の権力によるヤラセだと主張もしていて、世界の陰謀には詳しいらしい。本書の内容が真実なのか否かはよくわからないし、判断できるような一次情報はひとつも持ってないので、なんとも言えないが、読んでいていろんな意味で面白かった。

さて、中国とアメリカの対立がますます激化したときに、日本はどのような立ち位置を確保するのだろうか。両者の間で、したたかに振る舞うのか。はたまた、日露戦争のように上手くおだてられてしまうのか。2世、3世だらけの政治家達に任せて大丈夫なのだろうか・・・・

投稿者 nekobara : 20:36 | コメント (0)

2008年12月29日

[予定] 12月29日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 10:28 | コメント (0)

2008年12月26日

[予定] 12月26日の行動

■午前
・GSSO

■午後
・HTR

投稿者 nekobara : 12:18 | コメント (0)

2008年12月25日

[読書] クォーク

クォーク―素粒子物理はどこまで進んできたか (ブルーバックス)
クォーク―素粒子物理はどこまで進んできたか (ブルーバックス)南部 陽一郎

おすすめ平均
stars揺るぎ無き偉大な知性の証明
stars恐るべき説明力
stars素粒子物理学の発展史
stars素粒子論の入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

orz・・・ ほとんど理解できなかった。物質は、分子→原子→原子核→バリオン→クオークで成り立っているということしか、本書に書かれている内容を理解できなかった言ってもいいぐらい、惨敗だった。

それにしても、素粒子物理学って、とてつもなくスケールの大きな学問なんですね。極小なのものを観察するための巨大な実験施設。素粒子の先にある宇宙の謎。理解できる人にだけ許された快楽があるのだろうか?

投稿者 nekobara : 21:23 | コメント (2)

[予定] 12月25日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 08:30 | コメント (0)

2008年12月24日

[予定] 12月24日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 09:44 | コメント (0)

2008年12月22日

[予定] 12月22日の行動

■午前
・GSSO

■午後
・HTR

投稿者 nekobara : 11:07 | コメント (0)

2008年12月19日

[予定] 12月19日の行動

■午前
・体協
・ACMS

■午後
・ACMS
・HTR

投稿者 nekobara : 09:48 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 37回、◯◯作法 x 2

投稿者 nekobara : 09:48 | コメント (0)

2008年12月18日

[予定] 12月18日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 09:47 | コメント (0)

2008年12月17日

[予定] 12月17日の行動

■午前
・私用

■午後
・体協
・GSSO
・HTR
・ACMS

投稿者 nekobara : 15:30 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 27回、◯◯作法 x 2

投稿者 nekobara : 15:30 | コメント (0)

2008年12月16日

[予定] 12月16日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 15:29 | コメント (0)

2008年12月15日

[予定] 12月15日の行動

■午前
・体協
・GSSO

■午後
・GSSO
・HTR
・ACMS

投稿者 nekobara : 09:47 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 34回、◯◯作法 x 2

投稿者 nekobara : 09:46 | コメント (0)

2008年12月12日

[休肝日] NONDRINKING

地味に久しぶり(^^)

投稿者 nekobara : 19:51 | コメント (0)

[予定] 12月12日の行動

■午前
・NT
・GSSO

■午後
・GSSO
・HTR
・ACMS

投稿者 nekobara : 09:40 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 33回

投稿者 nekobara : 09:39 | コメント (0)

2008年12月11日

[予定] 12月11日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 08:59 | コメント (0)

2008年12月10日

[予定] 12月10日の行動

■午前
・GSSO

■午後
・GSSO

投稿者 nekobara : 09:35 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 35回、◯◯作法 x 2

投稿者 nekobara : 09:34 | コメント (0)

2008年12月09日

[読書] 次世代マーケティングプラットフォーム

次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの
次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの湯川 鶴章

おすすめ平均
stars「20世紀型の広告はいずれ消滅する」という大予言
starsこれからの広告媒体の変遷を客観的に予測している。
stars数年先の世の中がどうなっているか、だいたい見えてくる
stars肩で風切る、現場レポート
stars広告って?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世の中、そこいらじゅうで、パラダイムシフトが起こっている。まさにICTの力が地殻変動を呼び込んでいる。広告の世界はついに、日本でも新聞社が赤字、TVキー局が軒並み減益となって、いよいよ下降期に入ってしまった。

そんな時期に、タイムリーに出版された本書は非常に参考になった。企業と消費者間に男子校と女子校のように隔たりがあった時代は、ラブレターのようなマス広告が有効だった。しかし、インターネットがある現代は、企業と消費者は共学校に通う男女のように気軽にそして活発にコミュニケーションがとれるため、ラブレターは一手段に過ぎなくなったと、著者は言う。

したがって、企業は一方通行のラブレターを手当たり次第に乱発するよりも、毎日の挨拶やちょっとした会話でコミュニケーションを持続させることができる手段をこれからはとることになるそうだ。

大手企業のウェブサイトなどは、毎日何万というアクセスがあり、企業が消費者と直接コミュニケーションをとることができるメディアとして確立している。また、これからはモバイル、デジタルサインネージなのでメディアもますます活用されることになり、クロスメディア・コミニュケーションの時代になっていく。

非常に分かり易い書き方になっていて、読めばこれからのネットとマーケティングの方向が見えてくる。1600円の価値は充分にあった。

投稿者 nekobara : 22:13 | コメント (0)

[予定] 12月09日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 22:06 | コメント (0)

2008年12月08日

[予定] 12月08日の行動

■午前
・NT

■午後
・KB(打ち合せ)
・GSSO

投稿者 nekobara : 09:40 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 21回、◯◯作法 x 2

投稿者 nekobara : 09:40 | コメント (0)

2008年12月06日

[読書] 松下幸之助一日一話

[愛蔵版]松下幸之助一日一話
[愛蔵版]松下幸之助一日一話PHP総合研究所


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

若いときは、「松下といえば、まね下」と言って、揶揄していていた。ナンバーワンは権威の象徴とばかりに、嫌っていた。オヤジ達が絶賛する松下幸之助は、若い私にとっては、受け入れがたい妖怪だった。ああ、あの頃は若かった。そして、青をかった。

あれから、20年近くの歳月がながれて、いわゆる中年になって、かつては反発の対象だったオヤジになった今、食わず嫌いはいかんと思って読んだ。素直に面白かった。ときどき、読み返すのがいいとも思った。私は正真正銘のオヤジになったのだ。しかし、オヤジも悪くない。青かった昔の自分は恥ずかしいが、それだって、別に嫌いじゃない。

「才能、知識よりも熱意」、「素直に感心する心」、「主座、主体性を持つ」、「自分に投資」など、珠玉の言葉が並んでいる。一話の長さもコンパクトで、そぎ落とされた文章も素晴らしい。

投稿者 nekobara : 17:35 | コメント (0)

2008年12月05日

[予定] 12月05日の行動

■午前
・歯医者

■午後
・GSSO
・NT(打ち合せ)

投稿者 nekobara : 15:40 | コメント (0)

[運動] 本日の体操

朝:腰痛予防体操 2セット、懸垂 29回、◯◯作法 x 2

投稿者 nekobara : 15:39 | コメント (0)

2008年12月04日

[読書] 革新的ソフトウェア企業の作り方

Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方
Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方青木 靖

おすすめ平均
stars開発者として成功するためのエッセンス集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「革新的ソフトウェア企業の作り方」、憎いタイトルである。著者は、マイクロソフトの構成管理アプリケーション VisualSourceSafeと連携するSourceGrear Vaultなどを開発、販売している会社の社長で、ソフトウェアエンジニアである。彼が、MSDNのコラムとして書いたものをまとめのが本書だ。

10数年前、Windowsアプリケーション を開発していたころ、使っていた構成管理、バージョン管理アプリケーションはVisualSourceSafeだった。この稼業では、構成管理、バージョン管理を利用しない日はない。たった一人での開発でも必ず利用している。まあ、まっとうな開発者なら、至極当たり前のことだと思うけど。(もし、あなたの現場で未だに構成管理、バージョン管理を使わないで開発していたら、かなりヤバいっす。私に声かけてくださいね、あなたの開発チームが良い習慣を身につけるようにお手伝いしますよ ^^)

しかし、SourceGearについては、寡聞にして知らなかったが、あちらの国の技術者の間では結構有名なコラムだったようだ。彼は自分の会社をISV 独立系ソフトウェアベンダーと呼び、一技術者から起業し、自分の会社を日々経営していくなかで得た、気づき、Tips、ノウハウが満載だ。

ポール・グラハムの『ハッカーと画家』と同じ匂いがしたので、とてもわくわくしながら、読んだが、思った程は楽しめなかった。いかにISVを経営していくかということで、技術よりも採用、製品戦略、財務、マーケッティングについてが主な内容で、今の私には非常に参考なった。なのに、なぜか、グラハムの『ハッカーと画家』ようにわくわくしなかった。

主に2003年、2004年に書かれたコラムだから、だろうか? 内容的には3、4年で色あせるようなものではなかったし、よいことが書いてあり、とても参考になったのにである。Why?

投稿者 nekobara : 21:30 | コメント (0)

[予定] 12月04日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 09:09 | コメント (0)

2008年12月03日

[読書] 蘇我氏四代の冤罪を晴らす

蘇我氏四代の冤罪を晴らす (学研新書)
蘇我氏四代の冤罪を晴らす (学研新書)遠山 美都男

おすすめ平均
stars勝ったモノと負けたモノ
stars最新の研究が示す蘇我氏の興亡

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高校時代に転校した関係で、日本史を取らずに、世界史を2年受けるという形になってしまったため、日本史の勉強は中学どまりだ。だから、蘇我氏と言われて思い出すのは、カマキリにイルカが殺されちゃった大化の改新ぐらいだ。カマキリの相棒のナカノビックブラザーの名前はすっかり忘れていた。

そのぐらいの知識しかないので、「蘇我氏四代の冤罪を晴らす」と大見得切られても、そんなにイルカとエミシって悪い人だったのという緩い反応しかできなかった。

とにかく、蘇我氏の評判を挽回したいという著者の想いなのか、はたまた、世間の耳目を集めるためだったのか、「冤罪を晴らす」という刺激的なタイトルに釣られて、読んだ。

蘇我氏四代 稲目、馬子、蝦夷、入鹿の足跡とそれぞれの時代の大王や物部氏などの対抗勢力との関係を再検証して、従来の蘇我氏観とはちがう蘇我氏の実態を主張している。蘇我氏には、王家乗っ取りの野望などなかったということを証明したかったようだ。

私の前提知識がなさすぎて、そのあたりのことは、読んでもあまりピンと来なかったし、その論への賛否はまったく判断できなかった。しかし、聖徳太子や推古天皇などとの関係や時代背景に関することが知識として仕入れることができたので、素直に面白かった。

日本書紀についても、本書で紹介されていた研究によると、明らかに文法的な誤りが集中する部分があり、あまり中国語が得意でないものが追加した証拠と言われていそうだ。

「歴史はあとからも、作られる」時空を超えて、ロマンを感じた一冊。

投稿者 nekobara : 21:53 | コメント (0)

[予定] 12月04日の行動

■午前
・HTR

■午後
・GSSO
・NT

投稿者 nekobara : 10:08 | コメント (0)

2008年12月02日

[予定] 12月02日の行動

■午前
・AI社

■午後
・AI社

投稿者 nekobara : 15:47 | コメント (0)

2008年12月01日

[予定] 12月01日の行動

■午前
・HTR

■午後
・GSSO
・NT(打ち合せ)

投稿者 nekobara : 09:51 | コメント (0)