« 酒量計測ダイエット 34.6 | メイン | 大破局(フィアスコ) »

2009年07月24日

[読書] 日本の電機産業に未来はあるのか

日本の電機産業に未来はあるのか (洋泉社BIZ)
日本の電機産業に未来はあるのか (洋泉社BIZ)若林 秀樹

おすすめ平均
stars残念ながら、これからの日本の電機産業は、よほどの荒療治をしない限り、長いトンネルに入ってしまうような気がしてならない。
stars未来はあるが、もはや“大手電機”ではない
stars現在日本の電機産業の概要とコア技術についてよくわかる最適本
starsわかりやすい本
stars電機業界への著者の想いが伝わる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は電機産業界に入った80年代後半、この業界は輝いていた。日本のハイテクを担っていた業界だったし、未来は希望に満ちていた。AI、超伝導などに挑戦する日本企業はまさに世界をリードしていたし、国内外から優秀な人材が集まっていた。

その当時、NHKスペシャル『電子立国 日本の自叙伝』を見ては、みんなで多いに奮い立ったものだ。

NHKスペシャル 電子立国 日本の自叙伝 DVD- BOX 全6枚セット
NHKスペシャル 電子立国 日本の自叙伝 DVD- BOX 全6枚セット三宅民夫 相田洋

おすすめ平均
starsまた、買ってしまいました
stars念願叶う
stars「ビジコン」社にかかわった者として。
stars当時のワクワク感がリアルに蘇ってくる、DVD化に感謝!
starsついに念願のDVD化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ところが、あれから20年が過ぎ、景色は一変した。なんで、こんなに弱くなってしまったのだろう。その答えを知りたくて、この本を手にした。

電機業界のアナリストであった著者ならではの丹念な説明は細部まで行き渡っていて、寂しい現実に納得するしかなかった。まさにイノベーションのジレンマだ。はしょって言えば、アナログ/垂直統合から、デジタル/水平分業へのパラダイムシフトについて行けなかったということだ。

さて、日本を代表する2大産業のひとつ電機産業(もうひとつは自動車産業)に未来はあるのか。残念ながら、かつての繁栄を取り戻す事は難しそうだ。2010年を機に世の中は変わり、電機産業界に大きな転機が訪れると著者は言う。パナソニックが三洋電機を統合するが、さらに大きな業界再編もあり得るそうだ。

あぁ、なんだか、激動の時代だなぁ・・・・

投稿者 nekobara : 2009年07月24日 21:46


コメント