« NONDRINKING | メイン | N@VEL »

2005年03月23日

[技術] BlogDays

BlogDays
Nilesh Chaudhari氏のblogtimesを元にして、MovableTypeのプラグインのひとつとして、blogdaysを作成しました。ソースコードの大部分はNilesh Chaudhari氏のblogtimesのものを流用しました。blogdaysは一ヶ月分の日数をスケールにしたチャートに記事が投稿された日の位置に印をつけて表示します。オプション機能として、特定のタイトルと一致した時に投稿日の位置に印をつけることができます。例えば、今月の休肝日の記録をblogdaysで表示することができます。その場合は、blogdaysのタグで、ttitleをNDRINKINGと指定し、記事のタイトルを「NONDRINKING」とすることで設定できます。


ダウンロード
BlogDaysのダウンロードは、mtblogdays-1.0.tar.gzから可能です

インストール条件
blogdaysは、MovableType3.01で動作確認をしています。3.01以上であれば動作すると思います。PerlのモジュールはGDを利用しています。動作確認したのは、v2.0.7ですが、v1.4以上あれば問題なく動作するはずです。

インストール方法
ダウンロードしたファイルを展開し、MovableTypeのpluginsフォルダにblogdays.plをコピーしてください。

設定方法
このプラグインのタグは以下のようになります。

<MTBlogDays>:blogdas.plを呼び出すコンテナタグです。

<MTBlogDaysWidth>:イメージの幅を返します。<MTBlogDays>のwidth属性で指定した幅よりパディングの分大きい値が返ってきます。

<MTBlogDaysHeight>:イメージの高さを返します。<MTBlogDays>のheight属性で指定した高さよりパディングの分大きい値が返ってきます。

<MTBlogDaysFilename>:イメージのファイル名を返します。

<MTBlogDaysFullFilename>:イメージのフルパス名を返します。

<MTBlogDaysFileURL>:イメージのURLを返します。

<MTBlogDays>の属性

width: 日数チャートの幅をピクセル単位で指定できます。実際に生成されるサイズはテキストを表示するためのパディング分大きくなります。指定しない場合は400ピクセルになります。

height: 日数チャートの高さをピクセル単位で指定できます。実際に生成されるサイズはテキストを表示するためのパディング分大きくなります。指定しない場合は30ピクセルになります。

save_dir: イメージファイルの格納場所を指定します。配下の指定したパスにイメージファイルを作成します。イメージ作成できるように書き込み許可にしておいてください。

linecolor:チャート上に引く線の色を指定します。16進のカラーコードを指定してください。(#RRGGBB) デフォルトは#FFFFFF。

textcolor: チャート上に表示するテキストの色を指定します。16進のカラーコードを指定してください。(#RRGGBB) デフォルトは#757575。

fillcolor: チャートの背景色を指定します。16進のカラーコードを指定してください。(#RRGGBB) デフォルトは#757575。

bordercolor:イメージの外枠の色を指定します。外枠を表示したくない場合はページの背景色と同じにしてください。16進のカラーコードを指定してください。(#RRGGBB) デフォルトは#757575。

padding: チャートの周りのパディングを指定します。デフォルトは15ピクセル。

show_text:テキストの表示非表示を指定します。表示は"on"、非表示は"off"でデフォルトは"on"。

month: チャート表示の対象とする年月をYYYYYMM形式で指定します。2005年3月の場合は、"200503"とします。省略した場合は、ページ構築時点の年月でチャートを作成します。

caption: チャートの上に表示するテキストを指定します。デフォルトは"B L O G D A Y S"。

title: 特定のタイトル記事だけでチャートを作成する場合に指定します。現時点で2バイト文字は指定できません。

-----------------------------------------------------------------------------
利用方法

<MTBlogDays>タグを含んだページを再構築した時にチャートイメージが作成されます。そして、そのイメージファイルへのリンクを作成できます。作成されるイメージファイルの形式はPNGです。<MTBlogDays>タグの記述例は以下のようになります。

基本例:

<MTBlogDays width="170" height="10" linecolor="#CCCCFF">
  <a href="http://www.ishihara.ne.jp/blog/blogdays/">
    <img src="<$MTBlogDaysFileURL$>"
       width="<$MTBlogDaysWidth$>"
      height="<$MTBlogDaysHeight$>"
      border="0"
      alt="B L O G D A Y S"
      title="B L O G D A Y S"
    />
  </a>
</MTBlogDays>

応用例:タイトルに「NONDRINKING」と入れた記事が投稿された日をプロット

<MTBlogDays width="300" height="10" linecolor="#CCCCFF"
            bordercolor="#FFFFFF" 
            name="nondrinking" 
            caption="NON DRINKING DAYS"
            title="NONDRINKING">
  <a href="http://www.ishihara.ne.jp/blog/blogdays/">
    <img src="<$MTBlogDaysFileURL$>" 
       width="<$MTBlogDaysWidth$>"
      height="<$MTBlogDaysHeight$>"
      alt="B L O G D A Y S"
      title="NON DRINKING DAYS"	  
    />
  </a>
</MTBlogDays>

上記例を直接ページに貼り付けてもいいし、ページをすっきりさせるなら、BlogDaysという名前でテンプレートモジュールに登録した上で、下記のようにページに追加しても良いです。

<$MTInclude module="BlogDays"$>
-----------------------------------------------------------------------------
CHANGELOG

31/03/2005 - Released BlogDays plugin.
-----------------------------------------------------------------------------
LICENSE

This plugin is released under the MIT License.
-----------------------------------------------------------------------------
AUTHOR

ISHIHARA Yoshinori (mail yoshinori@ishihara.ne.jp)
-----------------------------------------------------------------------------

投稿者 nekobara : 2005年03月23日 22:55


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ishihara.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/132

コメント